快適な生活が送れる不動産【ハッピー住まいの選び方】

つみ木

周囲の住宅事情をチエック

部屋

昔はどんなところだったか

地価が高く敷地面積が狭くなっている茅ヶ崎では、土地の利用計画を十分に練りこんで快適性をはじめ、合理的で機能効率の高い設計仕様を考えていかなければなりません。また、個々の土地の有効的な利用は当然としても、茅ヶ崎で新築するときは近隣の住宅事情のチェックが必要になってきます。日本は元来高温多湿ですが池、谷、沼などの埋め立て地、川辺に近い場所や農地を宅地にした場合などは湿度対策が重要な要素となってきます。このような土地では建物の老朽化も早まってきます。そのため、茅ヶ崎の土地そのものに盛り土をするか床を高くするなど、それなりの工夫をする必要が出てきます。また、新しく茅ヶ崎で土地を購入する場合対象となる土地がかつてどんな土地だったかを、調べることは重要なことです。古い地図を見たりその土地の近隣に住んでいる人に話を聞いてみてください。以前は田んぼや川だったり、いろいろな状況が考えられます。土地が昔どんな状況だったかによっては、家の基礎の作り方や建物の配置、地下室の作り方などが家づくりに大きな影響を及ぼしてきます。当然コストも違ってきますので、注意が必要になってきます。家を建てるために土地を購入するときは日照やプライバシーに関係する近隣の住宅状況や交通機関、公共施設などの周囲の状況をよく把握して購入するようにしてください。地質や景観、気候などの自然状況を理解することも大切です。専門家に調整を依頼して判断を仰ぐこともおすすめです。